スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: - | 2009.08.06 Thursday | |
ストーリーテリングが経営を変える―組織変革の新しい鍵
 客観的に距離を置いて、遠くから観察するように、企業、病院、学校などの組織を研究するのがいいか、そこに関与するひとたちの、いろんな生の声での物語で、生きられるままの組織の記述をするのがいいのか。後者に期待する動きが多数、見られ非常に興味深い。
 なんとっても、元世銀のS.デニングの貢献が実践的な契機になっているが、ここに、元ゼロックスのパロアルト研究所のJ.S.ブラウンが合流して、とても力強い動きが姿を現している。
 ジョン・S.ブラウン=ステファン・デニング=カタリナ・グロー=ローレンス・プルサック著『ストーリーテリングが経営を変える――組織変革の新しい鍵』(高橋正泰・高井俊次監訳、同分館出版、2007年)


 1980年代に組織文化や組織学習の研究が誕生し隆盛したときに、組織のなかで、語り継がれる物語、その組織のDNAに近いようなものの共有、そのための語り部としてのリーダーという役割が話題になった。その後、単なるブームとしてではなくて、この問題を考え続けてきたひと、経営の実践、とりわけ知識創造、組織変革、対話の促進のために、ストーリーテリングを重視してきた一連の研究者がいる。本書は、この分野に興味をもちつつ、格好の入門書に出会わず困っているひとには、吉報となる出版物だ。信頼のできる読みやすい訳書が出たことを喜びたい。
 著者4名の専門分野は違う。だが、ストーリやナラティブ、その語り部の役割の深い興味を抱く点で共通している。PARCの略称で知られるゼロックス・パロアルト・リサーチ・センターの元所長として名高く常に学問の境界を取り払ってきたジョン・シーリー・ブラウン(第3章「組織における知のメディアとしての語り」)。保守的な世界銀行をナリッジ・バンクに変身させる組織変革に携わることになったステファン・デニング(第4章「語りは組織変革のツールである」)。物語アプローチで教育用ビデオを世界中に供給し対話を起こしてきたカタリナ・グロー(第5章「教育用ビデオ制作におけるストーリテリング」)。そして、ナレッジ・マネジメントの分野でよく知られ邦訳も二冊でている元IBM 経営幹部のローレンス・プルサック(第2章「ストーリテリング・イン・オーガニゼーション」)。すごい顔ぶれで、分野の多様性はいい目に出ている。専門は違うがストーリテリングへの関心を共有するひとたちが、このように専門の蛸壺を出て、交流していること自体が興味深い。
 本書の中核部分は、ワシントンDCにあるスミソニアン国立アメリカ歴史博物館でおこなれたシンポジウムにおけるこの4名の登壇者の講演の記録(第2章〜第5章)だが、それに加えて、第1章では、著者ひとりひとりがどのようにして「組織における物語り」に出会ったのかが、導入部として追加され、第6章では、著者たちを代表して、デニングがシンポジウムの意味を振り返り、それを学問的また実践的に位置づけ、論点をうまく要約し、関連する学説を紹介し、実践的なツール、リーダーシップに不可欠のものとしてのストーリテリングについて展望している。
 社史や会社案内など公式の文書よりも、その会社の内部者や関係するひとの語るオラル・ヒストリーのほうが信頼できる(第2章)。わたしも、経営学者として大勢の経営者にインタビューしてきたが、無理してなにかを聞きだそうとするよりも、自然な語りが開陳されたときに、その経営者やその会社のアイデンティティがより鮮明になってくるものだと実感している。思えばキャリアの調査は、それ自体が職場を通じてひとが人生を学ぶ語りにほかならないとさえ思える。仕事の世界の人類学的研究(仕事や組織のエスノグラフィー)というのにはじめて本書でふれるひともいることだろうが(第3章)、ゼロックスでのコピー機の修理法がマニュアルではなく、同僚と話し合いながら、物語を紡ぐように解決が図られる(ジュリアン・オールの有名な研究)。組織におけるプロセスとは、ひとを鋳型にはめる手続き・手順・マニュアルといった強制力ではなく、物語を通じて潜在力・可能性・即興の余地を指すことを、ブラウンは強調している。組織変革に物語りを活用したいと思う読者には、1996年から2000年までに世界銀行で起こったことがすばらしい実践的ケースを提供するだろう(第4章)。評者自身も、ここ数年、経営者の貴重な語りをお聞きする機会があるたびに、映像を残すように心がけているが、グロー・プロダクションという映画製作会社による映像教材の作成は、ヒントに充ちている(第5章)。ネルソン・マンデラのようなすごいひとの語りも、それをただ見るだけでなく、見るひとが語るひとりひとりの物語を誘発する機会提供に役立っている。それがうまく語り継がれるときには、いい物語は、周りの人びとにも物語を生成させる器となる。本書を読みながら、著者たちが使っている言葉ではないが、物語を生成する物語(story-generating story)という言葉を思いついた。
 物語が生まれるほどの組織になったら本物だし、長く続く組織が大きく変わるときにも新たな物語ができる。語り部の役割を果たすリーダーや変革エージェントが物語りを紡ぐ。そんなことに興味をもつ経営者、管理職に本書を薦めたい。併せて、会社を見る目を養いたい新人や組織開発の専門家にも手にとってほしい。それがうまく語り継がれるときには、いい物語は、周りの人びとにも物語を生成させる器となる。本書を読みながら、著者たちが使っている言葉ではないが、物語を生成する物語(story-generating story)という言葉を思いついた。
 DNAを誇る伝統ある企業、古い地場産業、怪人が住むほどの劇場、由緒ある病院、名門校といわれる学校には、物語がある。
posted by: 金井壽宏 | 2008.03.17 Monday | 11:19 |
スポンサーサイト
posted by: - | 2009.08.06 Thursday | 11:19 |