スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: - | 2009.08.06 Thursday | |
ビジネスインサイト特集記事
BI59
現代経営学研究所+神戸大学大学院経営学研究科の雑誌「ビジネスインサイト」No59誌上で、スポーツ選手のキャリア・トランジションに関する特集を組みました。その巻頭で、「Jリーガーがピッチを去るということ」というタイトルの記事を執筆しました。この記事では、神戸大学にてこれまで実施してきた13名の元Jリーガーに対するインタビューを編集し、プロサッカー選手が現役を引退し、次のキャリアに歩みだしていくまでの過程を、その心理面に焦点をあてながら書かれています。エリザベス・キューブラー・ロスが、末期患者の聞き取り調査から理論化した「死に向かう精神過程」についてのモデルをベースにしながら、まるで、死に至るのと同じような精神状態を経て、Jリーガーが引退を向かえる姿が描写されています。とくに、戦力外通告を受けたときの衝撃はすさまじく、それがあまりに辛い経験であるため、その時の場面をよく覚えておらず、逆に言えば、無意識に記憶から消し去ることによって自我を防衛することもあるほどでした。しかし引退が、死と同じように受け留めがたい、辛い経験であっても、極度に悲観的にならず、楽観的考えをもって、次のキャリアに進んでいけるところが、Jリーガーに代表されるトップアスリートの特徴なのです。うれしいことに、Jリーグ事務局重野弘三郎氏からは、「ここまで内容の濃いキャリア・トランジションを取り上げたレヴューはないのでは、と感じました」と感想をいただいています。

この記事に続いて、2007年6月17日に、田中ウルヴェ京氏(ソウル五輪シンクロ銅メダリスト)、西野努氏(元浦和レッズ)、林敏之氏(元ラグビー日本代表)の3名のトップアスリートをお迎えして、金井壽宏先生とともに開催した「トップアスリートのキャリア・トランジション」に関するシンポジウムの詳録も掲載されています。キャリアをキーワードに、スポーツと経営が接点をもつことのできたシンポジウムでした。

ビジネスインサイトNo59についてのお問合せは、現代経営学研究所(www.riam.jp:電話06−6201−8668:メールbi@riam.jp)までお願いします。
posted by: 高橋潔 | 2007.10.31 Wednesday | 04:36 |
スポンサーサイト
posted by: - | 2009.08.06 Thursday | 04:36 |