スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: - | 2009.08.06 Thursday | |
神戸大,KIMPS,& JMA主催「人材マネジメント・シンポジウム」
神戸大学大学院経営管理研究科、経営人材研究所(KIMPS)、日本能率協会(JMA)が共同し、「創造性喚起のための人材マネジメント・シンポジウム」が200978日に開催されました。

バブル崩壊以降、日本企業を取り巻く経済環境は劇的に変化し、これまでの人事戦略を見直さなければならない岐路に立たされています。資源が少ないわが国で、もっとも豊かだったのが人的資源です。が、ここに来て人材の問題が多く噴出してきています。正社員と非正社員の問題や、派遣社員に頼って業務を遂行する企業構造のあり方。終身雇用・年功序列という人事制度の根幹が揺らぎ、企業は新たな人事システムを模索しています。これからの日本経済と企業の将来を考え、我々がやるべきことは何か。企業は人材に対して何を考え、どう再設計しようとしているか。

本シンポジウムは、人事部門と開発部門を対象にして行われた大規模な調査の結果を基に、神戸大学平野光俊教授、金井壽宏教授、シャープ蠍Φ羈発本部総合技術企画室長米田旬氏による発表と講話、パネルディスカッションが行われました。参加者は
100名を超え、人事部以外に所属する方も多数参加してくださいました。

調査では、300社を超える企業の人事部長と開発部長から協力をいただきました。調査内容は大きく分けて5つ。(1)成果主義がどのように浸透しているか、(2)人事管理の方針、(3)キャリアパスを築く中での職業経験、(4)人事部の役割の変化と米国企業との比較、(5)サーバントリーダーシップ。この5つに焦点を当て、人事部門と開発部門とで、人材に対する考えにズレがあるか、5年前と現在を比較して、日本の人事システムはどう変わってきているか、米国企業の人事システムと対比してどのような違いがあるかを、データに基づいた報告がなされました。

シンポジウムでは、平野教授が調査結果の全体報告、ならびに人事制度がどのように変わってきているかを報告しました。人事部門・開発部門の両方で、成果主義がかなり高い割合で取り入れられていること、成果だけでなく、能力、職務、業績を含め、期首・期中に付加された目標を加味して評価を行っていること、また人事部長には幅広い職務経験が要求されることなどが報告されました。
5年前と比較すると、人事部の役割も変わってきており、部門間の調整や評価・育成の役割以上に、企業戦略を人材面でサポートをする役割が高まっている傾向も見られました。

金井教授は、会場全体に質問を交えながら、活発な対話を引き出していました。人事部に所属している参加者に対して、「人事のお陰で開発部門の創造性が上がるか」という問いを向けましたが、残念ながら、そう思うと答えた参加者はほんの数人。一方、「人に関わることをどう思うか」という質問に対しては、「人に関わる仕事に喜びを覚える」と答えた参加者が多数いました。ほっと一安心。


そして、シャープ蠅諒禿鳥瓩らは、シャープの開発を支えてきた社長直轄の開発プロジェクトである「緊急プロジェクト(略して緊プロ)」について、詳しいお話をいただきました。かの有名な緊プロが、いかにシャープの人材・能力開発に寄与してきたのか、他の企業ではなかなか真似できないシャープならではの伝統と経験に裏打ちされていることがわかりました。


今回の結果報告は、日本企業が人事をどのように考え、実践しているかを知る上で重要です。人事部が人にまつわる業務を行いながら、社内顧客である他部門と対話をくり返すことによって、人事の戦略的役割も増してゆきます。緊プロの例に見られるように、部門間をまたがって対話が生まれることによって、日本企業は更なる開発力と人材育成力を身につけていくのでしょう。
(KIMPS編集部)
posted by: お知らせ | 2009.07.13 Monday | 12:33 |
日本CHO協会「リーダーシップと育成風土研究会」
日本CHO協会が主催する「リーダーシップと育成風土研究会」が、2009年7月9日に、螢僖愁並膾緞楴劵札潺福璽襦璽爐燃催されました。蟷饑呼何融部人材開発室長深澤晶久氏をお招きし、リーダーシップ育成文化についてご講演いただきました。司会は金井壽宏教授、コメンテーターに高橋潔教授という布陣で、参加者数は150名に上り、会場は熱気に包まれていました。

資生堂が実施している研修や人材開発制度の説明だけでなく、ご自身のリーダーシップに対する哲学的考えや、社員育成にあたっての工夫など、大変興味深いお話の内容でした。「研修をする上で重要なことは、明確な目標を持ち、そのためにどのように育成をするかだ」と深澤氏は語っています。資生堂ではまず、求める人材像を明確にし、
3年の長期計画でリーダーシップ研修を実行してきました。今年が3年目ですが、初年度には基本的な意識付けから始まり、2年目にはリーダーシップの習得、そして3年目がリーダーシップの実践。研修には、取締役から第一線管理職まで含めて、合計1,100名が参加し、「リーダーを育てるリーダーとなること」を目標に掲げています。リーダーシップ研修のために作成した前田社長と金井教授との対談DVD。トップ自らが研修講師として登壇するこの研修の中身を知れば、資生堂がリーダーシップ研修にかける意気込みを感じることができます。

研修で疎かになりがちなのは、研修効果の評価測定です。評価方法には
4つのレベルがあります。(1)参加者の反応・満足度、(2)そこで学んだ知識、(3)研修内容を実際の行動に移せるか、そして(4)企業の業績に反映されるか。参加者の満足が高くても、職場に戻ったときに学んだことを発揮できなければ、その研修は意味がありませんが、参加者の満足度を問うだけで終わっている企業が86%にも上るといいます。研修先進国アメリカでも、研修制度の効果をきちんと評価する段階には至っていないのです。

しかし、資生堂においては、参加者の反応と行動レベルの両方で効果を検証しています。研修に対して参加者はどのような態度だったかを、まず問題にします。そして、
360°評価から得た情報を基に、リーダーシップを職場で使っているかを検証しています。結果として、研修対象者の職場でのリーダーシップ評価が、研修前と比べて高くなったといいます。

研究会の最後には、フロア参加者がお互いにグループディスカッションを行い、自分自身が考えるリーダーシップや、その育成の仕方について話し合いました。グループディスカッションを行うことで、会場は一段と盛り上がりを見せました。リーダーシップが企業にとっていかに重要かを改めて考える半日でした。(KIMPS編集部)
posted by: お知らせ | 2009.07.10 Friday | 10:48 |
2007年のお知らせ一覧
経営人材研究所トップページの右に表示されている更新履歴のうち、2007年のものをまとめて、以下に挙げさせていただきます。

◆2007/12/11
金井が産業能率大学様主催、通信研修「実践リーダーシップ」執筆記念の講演を行ないました。以下に紹介記事がございます。
http://www.hj.sanno.ac.jp/cgi-bin/WebObjects/108411de0d5.woa/wa/read/1168e490c3c/
ご覧ください。


◆2007/12/05
慶應大学キャリア・ラボ様主催の「CRL勉強会」(人事・教育担当者を対象とした研究会)において、金井が講演を行いました。以下は、講演内容がまとめられたPDFファイルへのリンクです。
http://www.crl.sfc.keio.ac.jp/newsletter/Dec2007.pdf
ご覧ください。


◆2007/07/31
MBA生を対象とした「心理的契約」調査に関する最終報告書の完成および公開
http://www.b.kobe-u.ac.jp/~hrm/database/update/bin/bin070731205748006.pdf
服部泰宏 新井康平


◆2007/07/03
KIMPSの金井、高橋が、かかわる形で、オーガナイズされた会合で、モティベーションを取り上げたものがここ2年の間に、3件あります。そのうちふたつは、神戸大学が中心になって組織した現代経営研究所のワークショップで、ひとつは、モティベーションの自己調整について、もうひとつは、トップ・アスリートのキャリアの節目におけるやる気のあり方について、取り上げたものです。また、この間、金井の神戸大学経営学部ゼミの第1期卒業生の佐藤栄哲さんと共同研究でおこなっているモティベーションの体系的調査の中間報告(同時に、調査協力者へのフィードバック)の機会として開催された会合です。それぞれにおいて使用したパワーポイント報告資料を、ご参考までに、モティベーションの問題に興味をお持ちの方々むけに、PDFでアップロードします。パワーポイント資料だけでは説明は不十分ですが、それでもおおむねどういうことをいいたいのかはわかっていただけると思いますので、興味のおありの方々には、ご覧いただければ幸いです。

・モティベーションは上下するもの:やる気を自己調整するために
http://www.b.kobe-u.ac.jp/~hrm/database/update/bin/bin070703091420006.pdf
・モティベーションを極める視点:理論と持論、感動と集中、体系的エンジニアリング(ビジネスインサイトワークショップ2006)
http://www.b.kobe-u.ac.jp/~hrm/database/update/bin/bin070703091920006.pdf
・キャリアをデザインし、モティベーションを自己調整するという視点(ビジネスインサイトワークショップ2007)
http://www.b.kobe-u.ac.jp/~hrm/database/update/bin/bin070703092720006.pdf


◆2007/06/19
人材開発支援サービスをなさっているサイバックスの楠田祐さんと、金井、高橋、西尾がコンタクトがあり、同社の広報活動のウェブサイトに、記事を載せていただいております。つぎのところをお訪ねください。

モティベーションとキャリアをつなぐ視点 金井壽宏
http://granaile.jp/column/human17.html
360度フィードバックを定着させる視点 高橋潔
http://granaile.jp/column/human29.html
京都の芸妓舞妓の育成と評価 −顧客と育成責任者と被育成者の関係性− 西尾久美子
http://granaile.jp/column/expert04.html


◆2007/06/13
さきに、神戸大学MBAプログラムの組織行動のシラバスの改訂版をアップいたしましたが、一日目のパワーポイント資料の金井担当分がだいたい仕上がりましたので、現状で一応アップしまして、高橋さんの分を合体したもの、あるいは追加で高橋さん中心のセッションの分のパワーポイントは追って、またアップすることになろうかと思われます。
http://www.b.kobe-u.ac.jp/~hrm/database/update/bin/bin070613173925006.pdf


◆2007/06/13
6月16日から、神戸大学では、経営人材研究所の高橋潔と金井壽宏とが、組織行動の科目の講義をスタートします。土曜4日をフルデイ使って、16コマ分の講義をいたします。そのシラバスができあがりましたので、受講生の方々にはもちろんのこと、KIMPSをお訪ねになられる方々にも、どのような講義をしているのか、お披露目になるので、このウェブサイト上でも載せることにいたしました。この講義では、金井・高橋共著の『組織行動の考え方』という本(東洋経済新報社から出ています)をメイン・テキストにしています。本年度は、これまでのなかで、最もテキストに忠実な構成になっていますので、MBAにこられていない方々でも、この本のひとつの読み方として参考になるかと思います。とくに、グループなどで輪読されている場合には、参考になろうかと存じます。
http://www.b.kobe-u.ac.jp/~hrm/database/update/bin/bin070613020400006.pdf


◆2007/06/04
金井壽宏が、「ユメとキボウの就職論」というテーマで、糸井重里さんと対談をさせていただき、その結果が順次、ほぼ日刊イトイ新聞にアップされました。ご覧いただければ幸いです。
http://www.1101.com/job_study/kanai/index.html


◆2007/05/23
神戸大学の金井研究室では、,茲ね論ほど実践的なものはない、したがって意味のある経営学研究は実践的な教育の場面でも利用可能である、研究者が構築する公式の理論(formal theory)だけでなく、実践者が実際に使用している持論(practical theory-in-use)をインタビューから言語化したり、実践者の伝記や自叙伝から抽出したりすることが可能で、それらも実践的な教育場面での利用可能である、という二つの観点から、研究室で一丸となっておこなってきた作業があります。
その作業結果の一部を、中間成果として神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー・シリーズとして公刊し、あわせて、ウェブ上でPDFファイルにて公開しております。まず、つぎの2件を、興味おありの方にはご覧いただければ、幸いです。
(1)金井他『働きながら学ぶことの真の意味とパワー――このアプローチを意識したキャリア・人事面での教材開発』神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー・シリーズ#2007-13。
(2)金井他『リーダーシップの持(自)論アプローチ――その理論的バックグランドと公表データからの持(自)論解読の試み』神戸大学大学院経営学研究科ディスカッション・ペーパー・シリーズ#2007-12。
http://www.b.kobe-u.ac.jp/publications/dp/2007/index-jp.htm


◆2007/05/15
金井壽宏がながらくお世話になっている神鋼ヒューマン・クリエイト社の広報誌、『CREO』の誌上に掲載された、金井の対談の一部が、つぎのサイトで見られます。
http://www.shc-creo.co.jp/webcreo/index.html


◆2007/05/14
金井壽宏が明治大学における2006年10月の組織学会年次大会で、「リーダーシップ共有の連鎖とリーダーシップ持論――考えることと行動することを組織的につなげるために――」という題目で報告したときのペーパーをPDFでダウンロードできるようにいたしました。
当日の司会は、東京大学の藤本隆宏さんで、たいへんに有意義なやりとりができました。愛着のあるペーパーですので、加筆して『国民経済雑誌』に投稿する予定ですが、報告要旨に載せたバージョンを一部だけ改変したものを、アップしております。実践家によるリーダーシップの持論、リーダーシップ・パイプラインの形成、経営人材の体系的に育成に興味のある方は、ぜひご覧ください。
http://www.b.kobe-u.ac.jp/~hrm/database/update/bin/bin070514110325006.pdf


◆2007/05/09
立教大学経営学部様に、グローバルなビジネスに通用する英語でのコミュニケーション力、そして若いときからリーダーシップを発揮できるような力をつけることをめざした、特徴あるプログラムが生まれ、あわせて、リーダーシップの研究をおこなうセンターができました。
大変名誉なことに、そのお披露目の国際会議のひとこまとして、金井壽宏が基調講演に招かれました。その講演の内容が、立教大学様のサイトで読むことが可能です。
http://ils.rikkyo.ac.jp/blog/2007/05/ils_20a0.html
posted by: お知らせ | 2008.01.10 Thursday | 07:17 |